近所の公共物件地中漏水探知修理受注💦(2)

水道メータパイロット回転が2分間で1回転くらいの漏水量ですと、
埋設給水管深さが、こういった公共物件ですと、80センチくらいの
深さでは、管の穴が横、もしくは下ですと、漏水が地表まで上がらず、
地表からでは全く漏水を判別できません。
50センチ、60センチ位の埋設給水管でもそうなので、いわんや、
80センチくらいですと、地表からの判別はほぼ不可能です。

では、どのように探知していくのか!

まずは、建物周り埋設給水管深さは50センチ~60センチくらいと
現地調査で判明したので、建物周りをバールなどで給水管埋設されている
辺りを、1m毎に地面を刺していく!
地中漏水しているところは土がかなりぬれているのが通常!
固いところは電動ブレーカーで地表を柔らかくしていく!
既設埋設設備に注意して、建物周り、100m程度はそうやって、
探知調査しました! 音聴棒も併用して!

続く。

コメント


認証コード4433

コメントは管理者の承認後に表示されます。