神奈川県座間市緑が丘三丁目でエアコン作業。

2.2kwクラスエアコンのガスが抜けているようで、接続部をもう一度確認、
再度フレア加工、規定トルクレンチにて締め込み、真空引き、ガス補充。

DSC_0029.jpg

必ず、ボンベを計量して、室外機銘板記載の冷媒量を守る。
多く入れると、破裂の危険有り。
R32冷媒ボンベの赤いバルブにゲージマニホールドの真ん中のホースを接続。
この時、ボンベの赤いバルブをチョイ開けしつつ、ホースの中の空気を追い出しつつ、ゲージマニホールドに接続する。
凍傷に注意する!

DSC_0032.jpg

DSC_0031.jpg

室内機を冷房運転させて、ゲージマニホールドで圧力が範囲にあることを確認。

DSC_0030.jpg

各接続部からのガス漏れが無いことを確認。

終わり。

コメント


認証コード5794

コメントは管理者の承認後に表示されます。