神奈川県大和市のマンション水道共用メータ地中漏水探知修理💦(3)

これは大和市のあるマンションの水道共用メータ(口径20㎜)系統地中漏水を探知し、修理した実際のノンフィクションドキュメンタリー記述である!

蛇口からの漏水音無し、地表が濡れているところなし、トレーサーガス探知機による探知不能! これだけ長い給水管で戸建ての給水管の10倍くらいの距離があるから、次はスリースバルブ(中間バルブ)を複数個所設置して、地中漏水箇所を絞り込んでいく!という手段とした! これは既設給水管をメーターから複数個所区切ってバルブを設置し、バルブを設置したところでバルブを閉めてメータパイロット回転が止まれば、地中漏水箇所はそのバルブ以降ということであるし、バルブを閉めてまだ回っているようであれば、そのバルブまでの区間で地中漏水があるというシンプルな判断で確実性がある。しかも、設置したバルブは今後の地中漏水のためにも、探知のために有効である。

大きく分けて、まずは2か所取り付けることにした。
大きく2つに給水管がごみ置き場前で分かれるが、分かれてしばらく10mくらいのところに水栓柱があり、そのそばでスリースバルブ(中間バルブ)1つ、もう一つは大きく分かれた給水管が、それから10mくらいのところで立体駐車場階段脇水栓柱があるので、そのあたりにスリースバルブ(中間バルブ)を設置することにした。

この選択が功を奏した!
今後、解決に向かって大きく前進することになる。

auto-qaBqsZ.jpg

続く。

毎年難易度が上がる1級建築士設計製図試験受験予定!

2023年10月8日(日)!

毎日弛まず訓練!

コメント


認証コード9325

コメントは管理者の承認後に表示されます。