神奈川県座間市東原三丁目で地中漏水探知修理💦(1)

これは先月2月、6.5日も要して、メーターパイロットが動くか、もしくは動かない量の地中漏水箇所1か所と、同じく水道メータパイロットが時間をおいて少しずつ動く漏水量である基礎内床下防湿コンクリート内給水管経年腐食漏水1か所、計2か所を探知したノンフィクションドキュメンタリーだ!!!

最初の現場調査作業は2月10日、11日。
現場到着時、最初に水道メータパイロット回転状況をいつも確認するのだが、この物件は止まったり、動いたり、、、💦 いや~~~これは苦戦するかも💦  ん~~~💦  よっしゃ~~~、ファイトだ~~~
自身を鼓舞して漏水箇所を探知し始める💦 もちろん、これくらいの回転量では漏水音は出ないので、音聴棒は役立たずは経験済、しかも、水道メータ周囲はコンクリ打ってあるし、管末近くの台所外部もコンクリ打ち、水廻りの裏は狭いし、タイヘンだ~~~~(≧◇≦)

初日は、狭いが裏手の水廻り外部中心に、出窓の出っ張りに頭をぶつけながら、砂利を養生しながら、長いバールを差しながら、濡れてくるところが無いか確認したが、無し。結果的にこの裏面では漏水箇所は無かったのだが、現実的にはこうして消去法で地中漏水箇所を探知する💦 僕はここまで数百件の地中漏水を探知修理してきたのだから、ここでもあきらめない!!! 

epson978.jpg

続く。

毎年難易度が上がる1級建築士設計製図試験受験予定!

2023年10月8日(日)!

毎日弛まず訓練!

コメント


認証コード3711

コメントは管理者の承認後に表示されます。